真珠ネックレスのお手入れ方法と切れてしまった時のお修理

オーサー
公開
更新

こんにちは!ジュエリー優 店長 坂東公美子です。

先日お客様から「夏場ってなんとなく傷みそうで真珠のネックレスあんまり着けないようにしてるんだけど

実際のところどうなの?」というご質問を頂きました。

真珠はダイヤモンドなどと比べ、デリケートな宝石なので、日々のお手入れ方法やお修理についてご紹介します!

 

真珠ができるまで

真珠はアコヤ貝や白蝶貝、黒蝶貝などの貝の中にできる宝石です。

貝の中に異物が入ってくるとガシガシぶつかって痛いので、中の貝さんは「ちょっ!痛っ!

粘膜で覆って痛くないようにしよ!」と、粘膜を出して入ってきた異物を持ち前の粘膜液で

巻いて身を保護しようとします。こうして何重にも異物を覆ってできあがるのが美しい真珠です。

馴染み深いところですと、牡蠣(カキ)の内側を見てみると確かにピカピカしています。

なんとなく見覚えがありますね。同様にアコヤ貝や白蝶貝もこの様になっています。

牡蠣の内側

 

真珠の種類

前述のとおり貝の中から取れるのですが、大きく分けて海水産と湖水産に分かれます。

海水産は文字通り海、湖水とは湖などの真水です。

今現在一般的に流通しているパールのほとんどが海水産であり、アコヤ貝から取れる

アコヤ真珠や、白蝶貝から取れる南洋真珠、黒蝶貝からとれる黒蝶真珠などが海水産です。

対して湖水産のパールは比較的安価で流通している淡水真珠が湖水産にあたります。

その他に人工のものとしてコットンパールやプラスチックにメッキを施したものがあります。

真珠の主な成分は歯と同じカルシウムで出来ています。このカルシウムの幕を何層にも巻く

ことで真珠のほっとする光になるのですね。

 

真珠ネックレスの扱い方とお手入れ

しかし、カルシウムで出来ているからこそ、真珠は汗や化粧品に弱い性質があります。

前述したお客様のご質問の

「夏場ってなんとなく傷みそうで真珠のネックレスあんまり着けないようにしてるんだけど

実際のところどうなの?」

には「夏場の屋外でのアコヤ真珠や南洋真珠のご使用はできるだけ避けた方が良いです。

お使いになられる場合はお帰りになった後に柔らかい布で丁寧に拭いて下さい。」

とお答えさせて頂きました。

海水産のアコヤ真珠や南洋真珠は汗や化粧品が付着したままにしておくとカルシウムの層

を壊し、美しい光がなくなってしまいます。また、お家に戻られてから水などに漬けて

しまうと、カルキが残ってしまったり中の糸が切れやすくなってしまうので、

やはり丁寧に柔らかい布で拭いてしまってあげるのが一番良いと思います。

屋内の使用に関しましては、ほとんどの場所で空調がしっかりしていますので現地で身に着け

忘れないように現地で外して帰るのが一番良いと思います。

その際もお家に戻られましたら拭いてあげて下さいね。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、「アコヤ真珠や南洋真珠」と記述した通り

淡水真珠はこの限りではありません。真珠の中では比較的に汗や化粧品に強く、夏場の日中

屋外での使用にも耐えられるものが多いです。(※メンテナンス不要というわけではありません。

アコヤ真珠や南洋真珠に比べ強いですが、使用後は丁寧に拭いてあげて下さい。)

また、人工のものも同様に汗や化粧品に対して耐性の強いものが多いです。

ですので、≪夏場の≫オシャレに関しては、アクセサリーとして気軽に着ける淡水真珠、

冠婚葬祭用のアコヤ真珠や南洋真珠と分けて使うのが正解ですね!

 

真珠ネックレスの修理サインと切れてしまったら

真珠ネックレス(パールネックレス)は通常、糸もしくはワイヤーで真珠と真珠をつなぎ

合わせています。

お持ちの真珠ネックレスを伸ばした状態で端をつまみ、持ち上げた時に真珠半珠分くらい

糸が見えていたら中の糸の交換(真珠ネックレスの糸替え修理)のサインです。

 

そしてもし、ご使用中に糸が切れてしまった場合は・・・

大丈夫です!慌てずに落ちてしまった珠をできるだけ集めて下さい。

落ちてしまった珠と残った珠をお持ち頂ければ、ほぼ元通りに繋ぎなおすことができます。

また、珠が足りずに短い場合はお持ちの真珠ネックレスにあわせて珠を足すことができます。

無くなってしまったか、分からない場合でも採寸できますのでご安心下さい。

次のご使用までに時間が無い場合でも半日~1日で糸替え修理(定休日を除く)できますので

お急ぎの場合もお申しつけ下さい。

真珠ネックレスの糸替えの料金につきましてはこちらからご覧ください。

 

いかがでしたか?鉱物の宝石に比べてちょっとデリケートな真珠ですが、真珠ってどんなものか、

お手入れや、修理はどうすればいいのかを知っておけば夏でも安心して使っていけますね!

他の宝石にはない優しい光の真珠を楽しんで下さいね!

 

宝石やジュエリーに関しての疑問や、記事にして欲しいことがありましたら「お問合せフォーム」

より是非リクエストしてください!

少しでもアクセサリー、ジュエリーを大切にしている方のお役に立てたら嬉しいです。

 

関連記事:プチリフォームはジュエリーやアクセサリーを再び輝かせる

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

次の記事
遺品整理で出てきた指輪やネックレスなどのアクセサリーはどうしたらいいの?
前の記事
夏休みのおしらせ