ジュエリーポエム「火紋」 ジュエリー 百のお話

オーサー
公開
更新

神奈川県の地域情報誌はまかぜ新聞にチーフデザイナー坂東幸香のジュエリーポエム「火紋」をご掲載いただきました。

 

火紋

坂東幸香

たおやかなる桃色の
素肌にまとう文様は
滲む心の炎の模様
紺碧の海中に生きる 薄桃色の一粒

硬い雫でさえ、桃色映し
穏やかな光を放ちます

負けまいぞ 負けまいぞ
小さな石の炎は 揺らいでささやく

生きようぞ 生きようぞ
海の底でも 光の中にも

たおやかに 気高く 意志をもって

 

火紋の美しい最高級のコンクパールを、透明度の高い上質なダイヤモンドの中心にそっと寝かせ、プラチナ(Pt950)を使って指輪に仕立てました。

優しいコンクパールを包むように、涙型のダイヤモンドはコンクパールに向かって少し斜めに傾斜しています。まるで手の平でコンクパールが包まれているような感じです。

坂東幸香のデザインと、日本国の表彰である《現代の名工》を授かった職人で、丁寧に作り上げた手作りによる作品です。

 

コンクパールはカリブ海などの海の中に生息するピンク貝という巻貝から生まれる真珠です。

ピンク貝は、移動速度が速く、また巻貝であることから養殖することができません。そのため、コンクパールは世界一希少な宝石の一つとされています。

最高級の優しいベビーピンクのコンクパールのみに現れる《火紋》と呼ばれる白色の炎の文様からは、”優しさとまろやかさと意志を持つ気高さ“を感じます。

海水の中でも優しく美しい体躯に火紋を纏い、静かに意志の炎を燃やし続けるその姿は、まさに指輪をオーダーして頂いた方の歩んでこられた姿の様です。

人生の節目として創られたコンクパールの指輪を右手の薬指に、これからも「たおやかに 気高く 意志をもって」

 

「ジュエリー百のお話」は、オリジナルジュエリーの制作の際や、ジュエリーのオーダーメイドリフォーム時にあわせて創っています。

お話は、不定期のコラムとして神奈川県内のフリーペーパーはまかぜ新聞「はまかぜ金沢版」で、連載させて頂いております。

オーダーメイド・オーダーリフォームをされる際に、「わたしのジュエリーにも詩をつけて欲しい!」というご希望がございましたら遠慮なくおっしゃって下さいね。

ジュエリー優をご利用される方々が、それぞれの想いでジュエリーやアクセサリーを好きになって、笑顔が増えていくことを願いながら日々私達はデザイン・加工・情報発信をしています。

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
春爛漫パールフェア2018開催中です!
次の記事
プチリフォームはジュエリーやアクセサリーを再び輝かせる