ジュエリーポエム「ほんとうの色」ジュエリー百のお話

オーサー
公開
更新

フリーペーパーはまかぜ新聞の「はまかぜ金沢版」12月号にジュエリーポエム「ほんとうの色」をご掲載頂きましたので、ホームページでもご紹介させて頂きます。

 

ほんとうの色

坂東幸香

本当の色を探して悩んでいた
三百六十五色の色エンピツを買った
 浮かない顔にエンピツたちが騒いでいる
 全ての色に染まる事が出来るからほんとうの色は、白
 違う違う、太陽の光のオレンジだってば
 月 星の優しい黄色でしょ
 馬鹿ね、命の源の海の碧よ
 心を癒す木樹の緑だ
 皆呑み込んでしまう・・・闇の、黒さ
 かおりは今年十年目の絵描き
 動物や花はかおりが描くと本物よりも本物の様で、
 絵の中でおしゃべりを始めるのだ
 大切な人から贈られた綺麗なダイヤモンドも
 絵にしたくて描き始めた
 きらめきの中に見つけた白、オレンジ、碧、
 ピンクや虹色が美しい絵になっているけれど
 なぜか心が沈んでしまう
 本当の色が出ていない
 何度描いても美しさがウソになる
 思いあまって 光にかざして問うてみる
 気高さを秘めた貴方の色は、何色?
 ダイヤは強い輝きを放って一瞬光り 
 無垢・・・の色
 透明な石は、何も望まず、穢れを知らず
 光の子供たちと遊んでいる
 キラキラと
 生まれたままの無垢の光で輝いている
 心の中に置き忘れていた無垢の色
 今、見つけた本当の色

ダイヤモンドの輝きは本当に力強く美しくて、ずっと見ていても飽きずに何時間も眺めていられますよね。

私自身もデザインを描いている時は石と会話と言うんですかね?いろんなことを石とおしゃべりしながらストーリーを聞き出して作品にしています。

ご来店下さる方それぞれにストーリーがあって、初めて出会う宝石や大切にされていた宝石にもストーリがあって、そのストーリーを紡ぐ情景は百人百様です。

ご自身のオーダーメイドジュエリーリフォームジュエリーに「お話しをつけて欲しい!」というご希望がございましたら是非おっしゃって下さいね!

あなたの宝石物語を、お聞きできることを楽しみにしております。

 

「ジュエリー百のお話」は、不定期のコラムとして神奈川県内のフリーペーパーはまかぜ新聞「はまかぜ金沢版」で、ジュエリー優チーフデザイナーの坂東幸香が執筆、連載させて頂いております。

ジュエリー優をご利用される方々が、それぞれの想いでジュエリーやアクセサリーを好きになって、笑顔が増えていくことを願いながら日々私達はデザイン・加工・情報発信をしています。

  • はてなブックマーク

関連記事

  • ジュエリーポエム「思川と桜」1 ジュエリーポエム「思川と桜」 ジュエリー 百のお話

    今回のジュエリーポエムは「思川と桜」です。栃木県小山市の方からのご依頼で、小山を代表する桜である思川桜をモチーフとしたジュエリーをお作りさせて頂きました。小ぶりでも力強さのある美しい桜です。

  • ジュエリーポエム 檻 ジュエリーポエム「檻」 ジュエリー 百のお話

    オリジナルジュエリーの制作時や、オーダーメイド・オーダーリフォームを承った際に「ジュエリー百のお話」をあわせて執筆しています。今回は雪の中の雪豹が新たな決意と共に歩き出す「檻」です。

  • ジュエリーポエム「嵐の中の青い花」 ジュエリーポエム「嵐の中の青い花」 ジュエリー 百のお話

    ジュエリーポエム百のお話「嵐の中の青い花」です。忙しさで精神的にも肉体的にも消耗されていた保育園の園長先生。今回のリフォームで心の傷が少しづつ癒え、ゆっくり元気を取り戻していって下さることを願っております。

  • ジュエリーポエム 火紋 ジュエリーポエム「火紋」 ジュエリー 百のお話

    オーダーメイド・オーダーリフォームを承った際に「ジュエリー百のお話」をあわせて執筆しています。今回は、海の中でも意志の炎を静かに燃やしつづける宝石、コンクパールの「火紋」です。

  • ジュエリーポエム「翼」1 ジュエリーポエム「翼」 ジュエリー 百のお話

    ジュエリーポエム「翼」です。製作期間6ヶ月を頂き、お客様と一緒に何度も打ち合わせを重ねて生み出したプラチナリングの母鳥は、とても思い出深いジュエリー作品になりました。

最新記事

前の記事
翡翠と書いてカワセミと読む!その心は!?ジュエリーデザインにしてみました。
次の記事
ダイヤモンドフェア2016のお知らせ