【スイートテンや金婚式】結婚記念日の節目の呼び方と楽しい祝い方

オーサー
公開
更新

お二人で誓いを立てて結婚してから、結婚記念日のお祝いはしていますか?「毎年お祝いイベントしてるよ!」という方もいれば「一度も気にしたことないな。結婚記念日っていつだっけ?そういえば何年経ったっけ?」という方もいらっしゃると思います。

普段の生活の中ではあまり気にかけることがないかもしれませんが、お誕生日同様に結婚記念日はお二人の歩みを確認したり、お互いへの感謝を自然に伝えることができる二人だけの特別な一日でもあるのです。

ということで、今回はお二人らしく結婚記念日を過ごすための様々なアイディアをご提案させて頂きます。また、結婚記念日はほぼ毎年のように結婚周年数に合わせて決まった呼び名があるので、周年数ごとの呼び方もご紹介致します。

 

結婚記念日の周年数ごとの呼び方

結婚記念日は結婚周年数ごとに呼び方が決まっています。イギリスで定着していた結婚の記念を祝う日にならって、明治天皇が銀婚式を挙げたことから、日本でも結婚の周年を祝う夫婦間のイベントとして定着しました。

呼び方
1周年 紙婚式 (かみこんしき)
2周年 藁婚式 (わらこんしき)
3周年 革婚式 (かわこんしき)
4周年 花婚式 (はなこんしき)
5周年 木婚式 (もくこんしき)
6周年 鉄婚式 (てつこんしき)
7周年 銅婚式 (どうこんしき)
8周年 ゴム婚式
9周年 陶器婚式 (とうきこんしき)
10周年 錫婚式 (すずこんしき)・スイートテン
11周年 鋼鉄婚式 (こうてつこんしき)
12周年 絹婚式 (きぬこんしき)
13周年 レース婚式
14周年 象牙婚式 (ぞうげこんしき)
15周年 水晶婚式 (すいしょうこんしき)
20周年 磁器婚式 (じきこんしき)
25周年 銀婚式 (ぎんこんしき)
30周年 真珠婚式 (しんじゅこんしき)
35周年 珊瑚婚式 (さんごこんしき)
40周年 ルビー婚式
45周年 サファイヤ婚式
50周年 金婚式 (きんこんしき)
55周年 エメラルド婚式
60周年 ダイヤモンド婚式

説によっては、16年目はトパーズ婚式、17年目はアメジスト婚式、18年目はガーネット婚式、19年目はジルコン婚式となっている場合もございます。概ね、安価な素材の名前から周年を重ねるごとに高価な素材の名前を冠するものに変化していっていますね。

これは、長い時をかけて夫婦の絆を強くすることで、お二人にとってお互いが何物にも代えがたい存在になっていく様子を表していると言われています。本国イギリスでは5周年ごとに結婚記念日をお祝いすることが通例になっているようです。

 

結婚記念日は重要!「結婚記念日を忘れる」ことの5つのデメリット

時々、「結婚記念日なんかいつだか忘れちゃったよ」や「結婚してから何年経ったか分からない」と耳にします。しかし、結婚記念日を忘れてしまうことはこれからのお二人の「幸せ」に大きなデメリットとなってしまう可能性があります。

1. 存在意義や肯定感を失ってしまう可能性がある

やはり人と人ですから祝ってもらう・褒めてもらうのは単純に嬉しいものです。誕生日も「おめでとう!」と言ってもらえるだけでも嬉しいですよね。特にどちらかが地元から離れて暮らしている場合は、結婚記念日に関わらず夫婦のイベントは大切にしましょう。

2. 互いへの感謝を忘れがちになってしまう可能性がある

近い関係であるほど、居て当たり前・やってくれて当たり前といった感覚になってしまいますが、会社でのお仕事や料理・洗濯など、日々はオートマティックではありません。やってくれているパートナーがいるからこそ毎日の生活は成り立っています。

3. 結婚当初の気持ちを忘れてしまう可能性がある

結婚当初の風景を思い起こすことで夫婦での余暇の過ごし方の幅が広がります。「あの時食べたラーメン屋まだあるかな?」「夜景の綺麗なあのホテル、当時高くて泊れなかったよね」という会話がお二人の「やってみよう!」「いってみよう!」に繋がります。

4. お互いへの魅力を感じなくなってしまう可能性がある

家族になってしまうと、お互いの目を気にしなくなってしまうことがあります。しかし、セックスアピールはパートナーを惹きつけ、若さを保つために大切なポイントです。年に1回位はお互い着飾ってデートに行く日があっても良いのではないでしょうか。

5. お子様への教育の機会を逸してしまう可能性がある

お子様にとって、両親の仲が良いこと自体が嬉しいことですし、「将来は自分も父と母の関係のようなパートナーに出会えたらいいな」と感じてもらえることが良い教育になります。結婚記念日はお子様にとっても出生のルーツを聞くことができる日なのです。

 

お二人らしい結婚記念日のつくり方

お二人らしい結婚記念日をつくるためのヒントを挙げていきます。オリジナリティある結婚記念日をお過ごし頂けたら嬉しいです。

思い出に残すには

  • 二人で話し合って海外・国内旅行に行く。アジアを毎年1ヶ国ずつ回るとかも良いですね。
  • 付き合いたての頃に行った場所に行く。懐かしい場所に、お子様と一緒に行くとまた違った想いも。
  • 付き合い立てでは行きたくても行けなかった場所に行く。当時憧れていた場所などは満足感があります。
  • 話題の観光・食事スポットを試す。敢えて流行に流される楽しみも話題作りにもなります。
  • 共通の趣味のスポットで遊ぶ。映画館・好きなアーティストのライブ・コミケなど。
  • 体験型のスポットで遊ぶ。ボルダリングや乗馬など普段ではできない遊びも面白いです。
  • ホームパーティをする。朝からお二人で飾り付けして、料理を作って、家で楽しむのも特別感があります。

形に残すには

  • プレゼント交換をする。お互いの欲しいものをプレゼントし合う日にしてもいいですね。
  • お二人の記念日グッズを決めて毎年増やしていく。ディズニーの日にして毎年チケットを取っておくなど。
  • 記念日にちなんだペアグッズを買う。革婚式には革製品、陶器婚式にはグラスなど。
  • 記念日にちなんだペアグッズを作りに行く。記念日にちなんだ体験工房へ。当店の場合ペアリング作りができます。
  • お互いに手紙を書く。日記感覚で年記を。言葉では恥ずかしくて、なかなか言えないことを手紙で。

下準備が大切

事前にしっかり予定を決めることでワクワク感が増しますし、当日を全力で楽しめます。楽しいイベントを計画すること自体も嬉しい気持ちになりますよね。当日の帰りには「次回の記念日は何しよう?」と話題になるようにお互いを尊重しましょう。

 

結婚記念日のサプライズは喜ばれる?

「せっかくの結婚記念日だからサプライズでイベントやプレゼントを用意して驚かせたい!」とお考えになる方もいらっしゃると思いますが、残念ながらサプライズを受ける側は「結婚記念日のサプライズは嬉しくない」と思ってしまう方も多い様です。

一番の理由としては結婚記念日は二人にとってのものなので、どちらか一方から突然提案されるよりも「二人で用意して準備も含めて楽しみたい」と思う人の方が多いからの様です。また、「欲しいものを事前にさりげなく聞いて欲しい」という意見も見られます。

確かに普段着で急に高級レストランに連れていかれたり、準備なしの旅行となると「それは言っておいてよ!」と思ってしまいますよね。また、プレゼントも趣味と違う洋服やサイズの合わない指輪なども「折角もらっても着ける時が無い」となってしまいます。

そのため、結婚記念日にサプライズをしたい場合は事前に探りを入れた上で、メインイベントやプレゼントとしてではなく、プラスアルファとして例えば2件目のバーの予約や、プレゼントの場合はネックレスやピアス等、さりげないものが良いでしょう。

 

まとめ

結婚記念日はご夫婦にとってだけでなく、間接的にお子様にとっても大切な日です。「記念日忘れちゃったよ」という方はご結婚指輪の内側に刻印されている日付をあらためて見返し、今年からでも計画してみて下さい。

「毎年は疲れちゃう」という方はイギリス式に5年に1回位のペースの方がマンネリ感も生まれなく良いかもしれません。

ジュエリーショップの当店の場合は、結婚記念日に合わせて「二人でペアリング作りのワークショップに行きたい」「婚約指輪を今の自分に合う様にリフォームしたい」「結婚指輪と重ね付けできる記念の指輪が欲しい」というご相談をよく承ります。

毎日が慌ただしく、ふと気が付くと月日が経ってしまいますが、たまには結婚当初を思い出してみたり、「やっぱりこの人と結婚して良かったな」と互いに想える日を設けると、その日はご家族全員が温かい気持ちになれる日になると思います。

お二人らしい結婚記念日を計画して、楽しくお過ごしいただけたら嬉しいです。

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

最新記事

前の記事
あれ?指輪が入らない!簡単4つのステップで手と指のむくみをとる方法
次の記事
【コーディネート】赤系の服に合わせやすいジュエリーや宝石の色は?