金 (ゴールド) の純度・色・メッキのちょっとディープな話【第二講】

オーサー
公開
更新

金 (ゴールド) は鉱物の中でも、とても多様な使われ方をしています。ちょっと想像してみても、貴金属、工業製品の材料、財産など、色々と思いつきますね。今回はそんな多くの分野で活躍する金について掘り下げてご紹介していきます。

当店はジュエリーショップですので、こちらの記事では、地域・文化によるジュエリー用ゴールドの純度の違いイエロー・ホワイト・ピンクゴールドといった成分による色の違いゴールドフィルド (金張り) と金メッキの違いについてご説明しています。

「タイで売っているネックレスはなんで純度が高いの?」「同じ18金なのになんで色の違いがあるの?」「ゴールドフィルドと金メッキって何が違うの?」などのジュエリー・アクセサリーとしての金に疑問のある方におススメの内容です。

金 (ゴールド) の歴史と物質としてのちょっとディープな話【第一講】は、金という物質と金の歴史についてのお話。

金 (ゴールド) のコーディネートのちょっとディープな話【第三講】では金の持つ意味やイメージ、ジュエリーコーディネートやお手入れ方法、ホワイトゴールドとプラチナの違いについて。と進めていきますので、全てご覧頂けたら嬉しいです。

ジュエリーに使われている貴金属全般についてのお話は金、プラチナ、銀、ジュエリー選びの参考に!貴金属の種類と特徴でご紹介しておりますので、こちらをご覧下さい。

 

ジュエリー用ゴールドの純度の違いはその地域の文化にある

ジュエリー用途で使われている金の純度は地域によって違いがあります。それぞれの地域で使用されている金の純度は歴史や文化と密接に関係し合っています。それでは早速、様々な地域で使用されている金の純度と文化背景を見ていきましょう。

日本

18金と呼ばれる純度75%の金が主流です。最近では10金 (純度41%) や14金 (純度58%) の品物も増えてきました。

日本では和装が華やかだったためジュエリーを身につける習慣が無く、明治時代に入ってヨーロッパ地域から文化輸入されました。現在もジュエリーに関する基準はほとんどがヨーロッパに基づいています。唯一、プラチナを多用することが日本独自の文化です。

ヨーロッパ地域

加工性と耐久性のバランスが良い18金が主に使われ、現在のジュエリーの国際基準ともなっています。

100年以上前のヨーロッパ地域のジュエリーでは9金 (純度37%) から10金 (純度41%) が主に使われています。これは金の合成技術が不完全だった他、金が大変希少であったためです。18金が使用されるようになったのは現代に入ってからのことです。

中国・中央アジア

20金 (純度83%) から22金 (純度91%) のジュエリーが多いです。合金にメッキされた偽物も多いので、購入には注意が必要です。

中国を中心とした地域では政治的に不安定な時期が長く、金を資産として身に着ける習慣が定着しています。そのため、加工性や耐久性よりも純度を優先させたジュエリーが多く見られます。この文化はインドやタイなどの中央アジアにも見られます。

アメリカ

14金 (純度58%) から18金 (75%) が多いです。ハワイアンジュエリーでは主に14金が使われています。

ハワイアンジュエリーはプレーンな指輪を彫ってデザインするため、彫りやすい様に硬度の高い14金を使用しています。また、アメリカでは過去に金を蓄えるために高純度の金製品の製造を禁止する政策があり、その名残の影響とも言われています。

 

金は紀元前より貴金属と見なされ、国力と密接な関りがありました。そのため、金を切り口にその国の歴史をさかのぼると国の新旧や、物理的 (災害・気候)・政治的 (戦争・経済) に安定している国なのか?という「国」そのものが見えてくるので面白いです。

代表的ないくつかの国と地域をご紹介しましたが、気になる方は他の国も調べてみて下さい。きっとその国が抱える内情が見えてくると思います。現代ではグローバリゼーションにより国による違いは薄くなり、どの地域でも18金がスタンダードになってきました。

 

成分によって変わる金のカラーバリエーション

ジュエリーには主にイエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールドの3色が使われています。金は単体では柔らかいため、別の金属を混ぜて強度を持たせます。その際、混ぜる金属の含有量によって色や特性が変わります。

今回は代表的な金合金である18金を例にしています。18金の場合、金が75%、銀と銅が25%です。この銀と銅の配合率によって全体の色と合金としての特性が変わってきます。

イエローゴールド
銀・銅の比率は 6 : 4 もしくは 5 : 5。戦後まもなくは銀も貴重な金属だったため 4 : 6 で配合されていた。
ホワイトゴールド
色を白くするためにパラジウムが用いられる。パラジウム・銀・銅の比率は 4 : 3 : 3。地金はクリーム色のため、通常、製品完成時にロジウムメッキ加工される。
ピンクゴールド
銀・銅の比率は 2 : 8。銅分を多く含むため黒くなりやすく、イエローゴールドやホワイトゴールドより加工が難しい。

この他にも特殊な色としてブラックやパープルなどがありますが、合金としての安定性が無いため、同じ色にならなかったり費用が高くなってしまいます。また、特殊合金はお修理も難しくなりますので、3色から選ぶ方が良いでしょう。

ホワイトゴールドについては色を白くするためにパラジウムが用いられますが、費用を抑えた製品を作るためにニッケルを用いるメーカーもあります。ニッケルは金属アレルギーを起こしやすい金属ですので、ニッケル配合のホワイトゴールドは避けた方が無難です

 

ゴールドフィルドと金メッキの違い

アクセサリー用の金は地金そのものとしてだけではなく、真鍮やスズ合金などの製品の表面加工として色を美しく見せたり、金属アレルギーを起こしにくくするなどの目的で、ゴールドフィルド (金張り)・金メッキとして使われています。

どちらもハンドメイドでアクセサリーを作られる方には馴染み深いワードだと思います。ゴールドフィルドと金メッキはそれぞれ別の表面加工なのですが、混同されている場面もよく見ますので、その違いと特徴についてご説明させて致します。

ゴールドフィルド
真鍮などの金属の表面に金を張る方法です。メッキに比べて厚く耐久性が高いです。
金メッキ
真鍮などの金属の表面に電解によって金属を塗る方法です。厚くする場合にはメッキ作業を繰り返します。

これらのことから、金属アレルギー対策として考える場合は金メッキよりゴールドフィルドの方が適しています。それに対し、ジュエリーやアクセサリーの「一部分を金色にアレンジしたい!」などのデザイン上の目的の場合は金メッキが良いでしょう。

 

ゴールドフィルドや金メッキに表記されている純度は本当?

14金ゴールドフィルドや24金メッキと記載されてるアクセサリーや眼鏡などをご覧になったことがある方もいらっしゃると思いますが、色味だけでなく実際に表記通りの純度の金が使われているのか気になったことはありませんか?

加工している国や業者にもよりますが、日本国内で生産されたものであれば、標準的には表記通りの純度の金が使われています。しかし、ゴールドフィルドと金メッキのどちらも表面加工であり、厚みは数ミクロン単位ですので資産的な価値は望めません。

 

まとめ

古代から金の変遷を追っていくと歴史に関わる様々なことが分かってきます。さすが紀元前から現在まで途切れることなく世界中で重用される金属ですね。お子様がいらっしゃる方は自由研究の題材として一緒に勉強しても楽しいですよ。

今回はジュエリーやアクセサリー用途の金についてご紹介しました。好みの指輪やネックレスを見つけて「イエローもピンクも可愛いな!どっちにしよう?」という場面や、「自分でアクセサリーを作ってみようかな?」という時に活かして頂けたら嬉しいです。

ジュエリー優では豊富な知識と経験のもと、お好みの貴金属を使った指輪やネックレスのオーダーメイドオーダーリフォームを、そして併設店のワークショップ横浜指輪工房では結婚指輪・ペアリング作り指輪作り体験ができますので是非遊びに来て下さいね!

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

最新記事

前の記事
金 (ゴールド) の歴史と物質としてのちょっとディープな話【第一講】
次の記事
金 (ゴールド) のコーディネートのちょっとディープな話【第三講】