8月の誕生石をプレゼントしたい人必見!宝石の意味・宝石言葉まとめ

オーサー
公開

8月の誕生石であるペリドット (peridot)・サードオニキス (sardonyx) の魅力を詳しくご紹介していきます。

ペリドットについて

8月の誕生石・ペリドット

ペリドットの産地と鉱物学

モース硬度は6.5-7.0。人の歯と同じくらいの硬さで、ヤスリ等では削れてしまいます。

アメリカ合衆国、ブラジル、中国、ミャンマー、スリランカ、ケニア等で産出、研磨されています。

鉱物的にはカンラン石。カンラン (橄欖) とは東南アジア原産の木の実で、ペリドットの色が、この実と近いことからカンラン石と名付けらました。オリーブの実と似ていることから古くはオリビンという名を持ち、眼病の治療にも使われました。

産出地のひとつでもあるハワイではハワイアンダイヤモンドとも呼ばれ、現地の宝石として大切にされてきました。特にキラウエア火山から産出されるペリドットは「女神ペレの涙」と称され有名です。ハワイ特産の宝石として、観光客の方々に人気でした。※現在ではハワイからの持ち出しはできない様です。

ペリドットにまつわる言い伝え

ペリドットは古代から、全世界の広範囲で産出されていた宝石であったため、数多くの神話が残されています。また、神話だけにとどまらず、ヨーロッパ中世までは医学的な効果のある宝石と考えられていました。

ハワイ島を中心としたポリネシア神話では、情熱的で気性の荒い炎の女神ペレの流す涙として登場します。また、現在でもキラウエア火山はペレの化身と考えられ、この火山から産出されるペリドットを「ペレの涙」と呼びます。

天の神カネホアラニと豊穣の神ハウメアの12人兄妹の一人として生まれた炎の女神ペレは、妹ヒイアカ (旅の途中で誕生する) と共にハワイ諸島へ冒険の旅に遣わされました。

ペレはハワイ諸島の一部、カウアイ島でカウアイの王子オウヒアウに一目惚れします。オウヒアウもまた、ペレの美貌に一瞬で落ち、二人は相思相愛になりました。

しかし、妹ヒイアカもまた、オウヒアウに好意を寄せていました。いつしかオウヒアウはヒイアカに惹かれ、二人は恋仲に。それを知ったペレは激怒し、嫉妬の炎で二人を焼いてしまいました。

この時に流した涙が「ペレの涙」なのです。失意と嫉妬の中で涙を流すことで、何とか心の平穏を保とうとしたペレの涙は、ペリドットとなって人々の心を救う平和・和合の宝石として言い伝えられました。

ペリドットが持つ意味

中世ヨーロッパでのペリドットは、医学の現場で度々用いられ、精神の安定・不眠症の改善・喘息の改善・眼病の治癒・痔の治癒と精神面、肉体面の両方に効果のある万能薬と考えられていました。

また、ペリドットを心臓より上に身に着けると、精神的な憂鬱や不安を消して、今まで努力して得てきた知能や技能を昇華させ新たなステップに進むことを助けてくれると言われています。

ペリドットの宝石言葉

楽観
物事の先行きをよいほうに考えて心配しないこと。
心配するほどの事態でもないとして気楽に考えること。
平和
心配やもめごとがなく、おだやかなこと。また、そのさま。
和合
仲よくなること。
親しみ合うこと。

デジタル大辞泉から抜粋

ペリドットのプレゼントが適している方

ペリドットが他の多くのパワーストーンと異なる点は精神面だけでなく、運動面でも手助けをしてくれる宝石とされていることです。このことから、スポーツや芸術を嗜まれている方や、お仕事にされている方へのプレゼントにオススメです。

そして強いストレスを抱えられている方、不安による不眠にお悩みの方は、日中ペリドットを身に着け、寝る前に少し眺めてから床に入ると、心が落ち着いて本来のリズムが取り戻せるようになると言われています。

 

サードオニキス (サードニクス) について

8月の誕生石・サードオニキス

サードオニキスの産地と鉱物学

サードオニキス (sardonyx) はオニキス (onyx) の一種で、sardonyxというスペルからサードニクスとも呼ばれています。

モース硬度は6.5-7.0。人の歯と同じくらいの硬さで、ヤスリ等では削れてしまいます。

二酸化ケイ素という比較的に普遍的な成分を主としているため、鉱山のある土地全域で産出されます。

サードオニキスはクウォーツ (石英) とオパール質 (蛋白石) の細かな結晶が絡み合ってできている鉱物で、カルセドニー (玉髄) の変種です。7月の誕生石のカーネリアンとは親戚関係で、縞のあるものがサードオニキス、ないものがカーネリアンと区別させています。

和名は縞瑪瑙 (シマメノウ) と呼び、北海道・青森県・石川県・富山県で産出されます。日本でも古くから宝石として位置づけられ、七宝の一つとして様々な神話に登場しています。青森県では錦石と言い、県の石としても指定されています。

一部デジタル大辞泉から抜粋

サードオニキスにまつわる言い伝え

サードオニキス (縞瑪瑙) は、メノウの一種で、赤く縞のない宝石がカーネリアン、縞のあるものがサードオニキスと分けられています。様々な国で採れたことから、それぞれの国に色々な伝説があります。

しかし、縞の有り無しについて記載してある文献はとても少なく、「この言い伝えの宝石はサードオニキス?それともカーネリアン?」と迷ってしまうことが多々あります。

日本でも、日本神話の三種の神器である八咫鏡 (やたのかがみ)・草薙剣 (くさなぎのたち)・八尺瓊勾玉 (やさかにのまがたま) のひとつ、八尺瓊勾玉はメノウであるとされているのですが、縞の有り無しについては決定打がありません。

多くの国ではメノウを細かくは分類していなかったのかもしれません。ただ、出雲大社のご神体はサードオニキスであることから、八尺瓊勾玉がサードオニキスの可能性も高いですね。

サードオニキスとはっきりしている言い伝えでは、ギリシア神話のヴィーナスと息子のエロスの神話があります。

愛と美の神であるヴィーナスと、愛の弓の名手である息子のエロスはインダス川のほとりで、弓で爪をはじく遊びをしていました。この時にはじかれた爪の欠片はサードオニキスとなりインダス川に流れていきました。

このことから、愛を司る二人の親子神から生まれたサードオニキスを手にすると、愛情が深まり、家庭円満になると言われています。

サードオニキスが持つ意味

愛と美の神ヴィーナスと別名キューピットの名をもつエロスから誕生したサードオニキスは人と人を繋ぐという力が強く、恋人同士や夫婦、親子間の愛情を育て、今よりいっそう強固なものにしてくれます。

また、サードオニキスは神聖な宝石とされており、ユダヤの伝承では、人の罪の有無を判断する時の神聖な道具として使われた様です。このことからサードオニキスには誘惑に打ち勝ち、正しい道を進むという意味もあります。

サードオニキスの宝石言葉

和合
仲よくなること。
親しみ合うこと。
夫婦愛
夫婦の間の愛情。
家庭円満
夫婦・親子などの関係にある者が生活をともにする様子や人柄などが、調和がとれていて穏やかなこと。

サードオニキスのプレゼントが適している方

夫婦間や家族間の絆を、より強くしてくれる誕生石ですので、パワーストーンのブレスレットなどに組み込んであげると力を発揮します。また、恋人間でも、恥ずかしくて積極的になれない場合にサードオニキスを身に着けるとアクションを起こしやすくなります。

目的を持って何かに打ち込む際に、横道に逸れてしまうことを防ぐ手助けをしてくれる宝石ですので、受験や試験勉強などの中長期的な集中力が必要な時にはサードオニキスを身に着けていると良いです。

 

まとめ

ペリドット・サードオニキスはどちらの誕生石も人と人を繋ぐ意味を持つパワーストーンですが、それぞれに特徴がありますね。ご自身で選ぶ際も、プレゼントする時も、状況に合った意味を持つ誕生石を選びましょう。

また、プレゼントしてあげようと思った時は宝石言葉や言い伝えも一緒に伝えてあげると一層喜んで大切にしてもらえますので、試してみて下さい。この時にご自身のお気持ちを誕生石の意味に託して話すとより良いです。

誕生石をプレゼントする時は誕生石ジュエリーがオススメ

誕生石をプレゼントする際は、石のみを巾着などに入れてプレゼントする方法と、誕生石のジュエリーを贈る方法があります。

誕生石はお守りですので石のみを大切に持ち歩くのも良いのですが、ジュエリーとしてプレゼントした方が紛失してしまいにくく、ファッションとしても楽しめるのでオススメです。

誕生石のジュエリーをプレゼントする際に気を付けるべきこと

誕生石は常に持っているものですので、ジュエリーでは常に身に着けられるシンプルなデザインがオススメです。また、大きすぎるデザインや、重さを感じるジュエリーも避けた方が良いでしょう。

プレゼントされる方がつけやすいもの、お持ちのお好きなジュエリーとも一緒に使えるものを選びましょう。

シンプルな誕生石ジュエリーのデザイン例

 

8月の誕生石ペリドット・サードオニキスについて様々な角度からご紹介させて頂きました。誕生石の意味を調べたり、大切な方へ誕生石のジュエリー・アクセサリーをプレゼントされる際にお役立て頂けましたら幸いです。

 

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

次の記事
お盆期間中の店舗営業日のお知らせ
前の記事
ジュエリーポエム「母のオパールリング」 ジュエリー 百のお話