9月の誕生石をプレゼントしたい人必見!宝石の意味・宝石言葉まとめ

オーサー
公開

9月の誕生石であるサファイヤ (sapphire)・アイオライト (iolite) の魅力を詳しくご紹介していきます。

サファイヤについて

9月の誕生石・サファイヤ

サファイヤの産地と鉱物学

モース硬度は9.0。ダイヤモンドに次ぐ硬さで、宝石の中では傷つきにくい石です。

ミャンマー、カシミール、スリランカ、マダガスカル、タイ、中国等で産出、研磨されています。

鉱物的な呼称はコランダム。宝石としては赤いコランダムをルビー、赤よりも薄いピンク、ブルー、イエロー、オレンジ、透明色などのコランダムをサファイヤと呼びます。この色の違いはコランダムの組成の中に、別の元素が微量に混じることで起こります。

特に青色系のサファイヤの価値は高いものが多く、青玉 (蒼玉) という和名で知られています。

サファイヤの宝石的な価値は処理の有無と産出地によって大きく変わります。

現在、流通しているサファイヤの多くは、伝統的に加熱処理により色を濃くする加工が施されていますが、一部に加工を施さなくとも美しいサファイヤが存在します。こういったサファイヤは非加熱サファイヤとして区別され、市場価値も高く評価されます。

また、産出される鉱山の成分によってサファイヤの輝きが大きく変わるため、ミャンマーカシミールで採れるサファイヤには鉱山ブランドの価値がつきます。反対にタイで産出されるサファイヤは低品質のものが多く、あまり価値がつかない傾向にあります。

サファイヤにまつわる言い伝え

サファイヤはその深く美しい蒼色から、キリスト教では天界そのものと考えられていました。「天界のベッドや椅子等、様々なものがサファイヤで作られている」と言われていたことを表す文献が残っています。空の蒼さはサファイヤの蒼さというわけですね。

今回はその文献の中から、馴染みのある登場人物が出てくるお話を取り上げます。

天界にラジエルという大天使がいました。ラジエルは神が作った人間界を繁栄させるため、この世の全ての謎を一冊の書に纏め、人間達に伝承させようと考えました。この書はサファイヤを切り出した石板で作られ、天使達でさえ知らない知恵が書かれていた様です。

ラジエルは地上に降り立ち、この書を天界を追放されたアダムのところに持っていきました。ラジエルから書を預かったアダムは、熱心に書の内容を人々に説こうとしますが、自分達より人類が賢くなってしまうことを恐れた天使達が書を奪い投げ捨ててしまいます。

しかし、これを見ていた神は書を探し出し、再びアダムの元に戻します。喜んだアダムはこの書を人類の宝として大切に保管し、説いていきました。そして書は永い年を経てノアの元に渡り、ノアはこの書を読み方舟を完成させました。

そして時を経て、書はソロモンに渡り、人類に発展をもたらしました。現在でもこの書は知恵という名で人々に受け継がれているというお話です。

私達が一度は耳にしたことがあるノアの箱舟やソロモンの伝説ですが、それぞれのお話を結びつけるように、この大天使ラジエルの書のお話があることが面白いですね。

【知恵は神から授けられたもの】の表現として【書がサファイヤでできている】という書き方からもサファイヤが天界の神聖な宝石と考えられていたことが分かります。

サファイヤが持つ意味

サファイヤは天界の宝石とされていたことから、聖職者に愛されてきました。邪念や不安を取り除く助けとなり、精神的な強さを得ることできます。サファイヤを使い、内面を鍛えることで病気や災難から身を守ることができると言われています。

インドやスリランカ、エジプトではサファイヤを粉末状にして薬として服用した時代がありました。風邪薬・解熱剤・向精神薬として使用された様です。これらの病は魔によって起こるとされていたため、神聖なサファイヤで治癒を行うという意味だったのでしょう。

サファイヤの宝石言葉

誠実
私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。
信頼
信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。
慈愛
親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情。

デジタル大辞泉から抜粋

サファイヤのプレゼントが適している方

サファイヤは「最近なんか上手く行かないな~」と思われている方や「よし、心機一転○○をやってみよう!」と思われている方に最適な宝石です。目的を持った方には、誘惑に打ち勝ち、自分自身を律して生活リズムを整える大きな手助けとなるでしょう。

反対に「何かラッキーなことが起きないかな?」と他力本願に考えている者には力を貸さない宝石と言われています。サファイヤは厳格な宝石ですので、怠惰な生活を望む者や快楽ばかり追う者が身に着けると罰が下るようです。やはり自助努力が必要ですね。

 

アイオライト (コーディエライト) について

9月の誕生石・アイオライト

アイオライトの産地と鉱物学

鉱物名はコーディエライト (cordierite)。宝石品質の一部がアイオライト (iolite) と呼ばれます。和名は菫青石 (きんせいせき) です。

モース硬度は7.0。鋼鉄のヤスリでは削れてしまいます。

菫 (すみれ) 青 (あお) の名の通り、サファイヤに似たブルー系バイオレットカラーの不思議な光を放つ魅力的な宝石です。

アイオライトは人気ミュージシャン米津玄師さんの歌詞にも出てくることから人気が高まっています。インド・スリランカ・マダガスカル・アメリカ等で産出されます。特にインドでの産出量が多く、高品質なアイオライトはインド産の石が多いです。

アイオライトの親戚に桜石という宝石があります。柱状に育つレアストーンで、断面が桜の花に似ている面白い宝石です。京都府亀岡市の特産宝石で、国の天然記念物に指定されています。亀岡市のお寺で観察できるので、ご旅行の際には是非ご覧になって下さい。

アイオライトにまつわる言い伝え

AD (紀元後) 800年から1000年頃までヨーロッパの海を闊歩したバイキングのコンパスとして使用されたというお話が有名です。バイキングとは当時の海賊のことで、人気漫画ワンピースをイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。

と言っても、当時の海賊達は争いや略奪を主としていたわけではなく、多くの場合ではアフリカ大陸や西アジアの地域との貿易で生計を立てていました。今ですとヨーロッパからアフリカ大陸や西アジア地域の距離はそんなに遠く感じませんよね。

しかし、方位磁針も無い時代に一面の大海原の中、正確に船を往来させて交易することは並大抵のことではありません。どうやってバイキング達は方位を把握していたのか?この時にコンパス代わりに使われたのがアイオライト・カルサイト・トルマリンでした。

これらの宝石には複屈折を起こすという光学的な特徴があります。複屈折とは光を通常光線と異常光線の二つに分ける効果で、例えば写真の上にこれらの宝石を置くと写真が二重に見えます。また、自然光下では時間によって二重になる角度が変わるそうです。

この特徴を利用して晴れた日に観測結果をプロットしていくことで、曇りの日でも太陽の位置と時間を把握することが出来るので、バイキング達がある程度正確に方角を捉えることができたのだと考えられています。千年以上も前にすごい航海術です。

このことからアイオライトはバイキングの太陽石、バイキングのコンパスと呼ばれました。これらの宝石についての実験は現在でも度々行われ、有用であるという結果も出ているようです。それにしても宝石をコンパス代わりに使うというのは贅沢な話ですよね。

アイオライトが持つ意味

アイオライトは航海だけでなく、状況を良い方向に導いてくれる・迷いを取り除いてくれる・人生に道を示してくれる宝石とされています。交易を生活の基盤にしていたバイキング達にとってアイオライトは正に無くてはならない宝石でした。

また、アイオライトは純粋な愛情を育む宝石とされています。恋人や夫婦間は勿論ですが、親子の仲や友人間の関係においても、相手を大切に想う気持ちを良い形で表現できるように調整・サポートしてくれる優しい宝石です。

アイオライトの宝石言葉

自立
他への従属から離れて独り立ちすること。
他からの支配や助力を受けずに、存在すること。
誠実
私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。
心の安定
気持ちが落ち着いていて、激しい変動のないこと。

一部デジタル大辞泉から抜粋

アイオライトのプレゼントが適している方

「ベッドに入ると色々なことを考えてしまって眠れない」「ちょっとしたことでドキドキしてしまう」等の不安やストレスを抱えている方にオススメです。心を落ち着かせて冷静になれる様にサポートし、物事が上手くいくように魅力を引き出してくれます

心の成長を促進して誠実に相手と向き合うことを助ける宝石ですので、思ったことを素直に伝えることが苦手な方や、人と多く関わる営業職の方に良いでしょう。また、仲の良い家族や友人間の方にアイオライトを贈ると、絆を一層強くしてくれます。

 

まとめ

サファイヤは厳しくも努力する人を応援してくれる天空の宝石、アイオライトは優しく人と人の心を結んでくれる溟海の宝石です。父なる空と母なる海の様ですね。ご自身で選ぶ際も、プレゼントする時も、状況に合った意味を持つ誕生石を選びましょう。

また、プレゼントしてあげようと思った時は宝石言葉や言い伝えも一緒に伝えてあげると一層喜んで大切にしてもらえますので、試してみて下さい。この時にご自身のお気持ちを誕生石の意味に託して話すとより良いです。

誕生石をプレゼントする時は誕生石ジュエリーがオススメ

誕生石をプレゼントする際は、石のみを巾着などに入れてプレゼントする方法と、誕生石のジュエリーを贈る方法があります。

誕生石はお守りとして石のみを大切に持ち歩くのも良いのですが、ジュエリーとして指輪やペンダントネックレス、ピアス等にしてあげた方が紛失してしまいにくく、いつでも宝石の美しさを楽しめるのでオススメです。

誕生石のジュエリーをプレゼントする際に気を付けるべきこと

誕生石のジュエリーは、いつも身に着けてあげた方が仲良くなれます。プレゼントであれば、貰った方のことも近くに感じることができますよね。そのため、出来るだけシチュエーションやファッションに影響されないシンプルなデザインがオススメです。

大きすぎるデザインや、重さを感じるジュエリーは毎日つけるものとしては使いにくく、徐々に使わなくなってしまうので避けた方が良いでしょう。プレゼントされる方がつけやすいもの、お持ちのお好きなジュエリーとも一緒に使えるものを選びましょう。

シンプルな誕生石ジュエリーのデザイン例

 

9月の誕生石サファイヤ・アイオライトについて様々な角度からご紹介させて頂きました。誕生石の意味を調べたり、大切な方へ誕生石のジュエリー・アクセサリーをプレゼントされる際にお役立て頂けましたら幸いです。

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
ジュエリーポエム「ルビーの婚約指輪」 ジュエリー 百のお話