日本の伝統的な装飾を学ぶために白銀師の作業場を見学しました

白金師工房見学2

11月13日に日本刀の金具をつくる白銀師(しろがねし)の先生の作業場を見学させていただきました。

伝統的な金具のつくり方やテクスチャー技法を解説を交えながら実演していただき、とても興奮しました。

刀(特に江戸時代以降)は実用性だけでなく美術的な意味合いも強かったと言われています。

刀とジュエリー、遠くて近い、近くて遠い世界を感じました。

これからの優の作品づくりにも活かしていきたいと思います。


I have observed work place of craft man of metal fitting into the part of Japanese sword. (this craft man is Shiroganeshi in Japanese.)

I was excited with his demonstration for traditional method of make metal and texture technique.

The Japanese swords are said to have strong not only practicality but artistic Meaning especially after Edo period.

The swords and jewelries, I felt the world is near and far away.

I would like to make use of it for You’s works in the future.

関連記事